将来を見据えた家賃の見極め

賃貸物件を利用するに当たって注意しなくてはいけないポイントの一つが家賃です。家賃は物件を契約し続ける限り毎月支払う形となります。契約を交わした時点で無理なく支払える金額でも利用している間に減給などで収入が少なくなるケースは0ではありません。家賃は物件を管理する側に決定権があります。そのため、収入減など契約者の個人的理由で家賃を安くしてもらうことはできません。家賃の滞納が続いて立ち退く羽目にならないように余裕を持って支払える物件を選ぶことが基本です。地域によって若干の違いはありますが、一般的に収入の1/3の金額が無理なく支払える適正価格と言われています。賃貸物件を探す時は自身の収入を考慮しなければいけません。

予算オーバーでも妥協せずに利用するコツ

予め無理なく支払える金額の物件を選ぶことが賃貸の基本ですが、交渉次第では予算オーバーの物件でも借りることができるケースもあります。家賃の値段交渉を成功させるテクニックの一つが明確な金額の提示です。いくらまで値下げしてくれればといった形で具体的に自分が払える限度額を提示することで管理する側も前向きに検討しやすくなります。 成功率を上げるもう一つのコツが契約の時期です。新年度など春シーズンは契約希望者が集中するため、あえて安い金額で貸し出す必要はなく値段交渉を持ち掛けても断られてしまいます。逆に夏場など所謂閑散期は借りても少なく値段を下げてでも借りてほしいと考えるので交渉に前向きになりがちです。予算オーバーの賃貸物件をお得に借りるのであれば、閑散期を狙うのがポイントになります。